家族療法とは?NLPを構築する療法、心の問題を家族の文脈で理解する!

家族療法

家族療法(Family Therapy)は、NLPを構築する3つの療法のうちの1つです。

家族療法は、家族を中心として考えられている精神・心理療法で、対人援助をするための大きな領域となっています。

1. 家族療法とは?

NLPを構築している療法のうちの1つである家族療法(Family Therapy)は、どのようなものでしょうか?

えぷじぃ

心理療法を、家族の文脈で理解していくぞ。

1-1. 家族療法の概要

家族療法は、下記の文脈で説明されています。

家族療法(Family Therapy)は、1950年代から欧米を中心に発展してきた精神療法・心理療法であり、家族という文脈からクライエントや家族への理解と支援を行う対人援助の大きな領域です。
by 一般社団法人 日本家族療法学会

家族療法の歴史は古く、1950年代からはじまり、家族という文脈から対人援助を行う領域です。

ここでいう家族というくくりとはなんでしょうか?

研修生J

えぷじぃ

家族、療法、対人援助を追って説明していくぞ。

1-2. 家族とは?

そもそも家族とはどういう意味でしょうか?

同じ家に住み生活を共にする、配偶者および血縁の人々。
by Google先生

家族療法で使用されている家族という意味は、一般的な家族と同意で問題ないでしょう。

配偶者や血縁の人々をさします。

1-3. 療法とは?

そもそもNLPを構築する療法と使われている療法ですが、一体どんな意味でしょうか?

治療の方法。
by Google先生

療法は、意味そのままに、治療の方法でした。

1-4. というわけで家族療法とは?

上記の家族と療法の文脈を組み合わせると、

家族療法 = 配偶者や血縁の人々が関係する治療の方法

という理解で問題ないでしょう。

えぷじぃ

家族は強い繋がりじゃ。その中での援助を説明していくぞ。

1-5. 対人援助・家族援助とは?

家族療法の説明の中では、対人援助という言葉が使用されております。

対人援助とは、

・人または人の集団を対象とする援助行為・運動のことである。

・臨床コミュニケーションが生起する場における「具体的な結果」が援助者と被援助者の双方が、満足するような行為・実践であると定義する。
by 「ココロに寄り添う対人援助」講演 公開資料

家族療法における対人援助は、配偶者や血縁の人々に対して、援助行為をすることという理解で問題ないでしょう。

INFO

援助とは

助けること。

2. 家族療法で実現できること

家族療法は、家族という文脈から対人援助を行うことだとわかりました。

では、具体的に家族療法で実現できることはなんでしょうか。

2-1. 家族が求める援助ニーズを汲み取る

現代では、少子高齢化、晩婚化、婚姻率の低下、DVなど、家族のモデルが変化をしています。

そんな中、家族が求める援助のニーズは、複雑化し、変化しています。

そういった家族の求めるニーズを、大衆から集めてまとめること、その援助を方法を理解することが、家族療法では可能になります。

2-2. 個人療法にも活かすことができる

家族は、個人が所属するグループの1つです。

特定の個人の心を癒す場合その人には、

  • どんな家族がいるのか
  • どんな家族の問題を抱えているのか
  • 家族の問題をどう解決するべきなのか

これらの問いは、家族療法を理解することができれば回答が明確になります。

その結果、個人の抱える問題に別の視点からアプローチすることも可能になるでしょう。

3. まとめ

今回は、家族療法についての説明を行いました。

家族という文脈で理解する対人援助は、学者のみならず、家族を作っていく上で知っていてもいい情報ではないでしょうか。

ぜひ一度、家族療法を理解し、対人援助を実施してみてください。