PMO(Project Management Office)とは?PMとの違いや3つの役割を正しく理解する!

PMO PM

PMO(Project Management Office)とは、組織におけるプロジェクトマネジメントの支援を行う部門やシステムのことをさします。

PMOには3つの役割があり、PM(Project Manager)とは少し違った立ち位置です。

PMOを正しく理解して、プロジェクトマネジメントを進めていきましょう。

1. PMO(Project Management Office)とは?

PMO(Project Management Office)とは、組織におけるプロジェクトマネジメントの支援を行う部門やシステムのことをさします。

PMOの主な業務は、プロジェクトマネジメントの支援を行うことです。

えぷじぃ

詳しく説明すると、PMOには3つの役割があるんじゃ。

1-1. 役割1:PMOマネージャー

PMOマネージャーは、PMO(Project Management Office)を管理するマネジメント全般業務を担当する役割です。

PMOマネージャーの主な業務の内容としては、

・ PMO組織の戦略策定や計画の策定

・ PMOメンバーの教育

・ PMO組織の予算策定

・ PMO組織の環境・ルールの維持・管理・定着化全般

・ その他PMOの付属業務

これらがPMOマネージャーの役割として挙げられます。

えぷじぃ

PMOマネージャーはPMOの3役割のうち、他の2役割を管理する立場にいるんじゃ。
INFO

マネージャーとは

マネージャーとは、現場の指揮をとり、部下を直接指導していくことを意味します。

1-2. 役割2:PMOエキスパート

PMOエキスパートとは、プロジェクトにおける環境やルールの策定、標準化や改善を担当する役割です。

PMOエキスパートの主な業務の内容としては、

・ プロジェクトを実施するプロセスの標準化や改善

・ プロジェクトを実施するプロセスの文章化

・ 情報共有手法の標準化

・ 社内プロジェクト使用ツールの開発や改善、標準化

・ プロジェクト利害関係者との連携から要求事項・ニーズの収集

・ PM教育や人材の育成

これらがPMOエキスパートの役割として挙げられます。

えぷじぃ

PMOエキスパートは、PMOマネージャーの右腕となり、主なPMO業務をこなす、エキスパートの役割を持つんじゃ。
INFO

エキスパートとは

エキスパートとは、特定の分野の経験を積んで、高度な技術をもっている人。専門家を意味します。

1-3. 役割3:PMOアドミニストレーター

PMOアドミニストレーターとは、社内プロセスを円滑に進めるための事務的業務を担当する役割です。

PMOアドミニストレーターの主な業務内容としては、

・ プロジェクトのデータ収集

・ プロジェクトの情報共有

・ 会議の運営

・ プロジェクトメンバーの勤怠管理

これがPMOアドミニストレーターの役割として挙げられます。

えぷじぃ

PMOアドミニストレーターは、プロジェクトが円滑に回るために必要な事務業務をこなす、事務の役割じゃ。
INFO

アドミニストレーターとは

アドミニストレータとは一般的に、コンピュータやネットワークなどのインフラを良好な状態に保つ責務を負う管理者のことを意味します。

2. PMOとPMの違いは?

PMO(Project Management Office)は、PM(Project Manager)とは違います。

しかしPMは、PMOを知っているべきです。

えぷじぃ

PMは、コンサルティング業界でよく聞く役割の1つじゃな。
マネージャーと聞くと、ハイレベルな能力が求められそうですね!

研修生J

2-1. PM(Project Manager)とは?

そもそもPM(Project Manager)とは、

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの運営、品質、納期等に責任を持ち、プロジェクトを円滑に推進させる役割を果たすプロジェクト管理者のことです。
(by ビジネス用語集)

PMは、プロジェクトの運営、品質、納期に責任を持ちます。

2-2. PMOとPMはどう違う?

PMO(Project Management Office)

プロジェクトマネジメントを支援する部門やシステム

PM(Project Manager)

プロジェクトマネジメントに責任をもつ人物

そもそもPMO自体は仕組みで、PMは役割といった違いがあります。

2-3. PMはPMOを理解するべき

PMの役割を担ううえで、PMOを理解する必要があります。

PMOの3つの役割は、納期どおりに高品質な製品・サービスを届けるための仕組みを確立します。

PMは、納期に高品質な製品・サービスを届けることへの責任があるため、PMOのボトルネックを解消する必要があります。

そのためにPMは、PMOを理解し、PDCAを回して問題解決を行わなければなりません。

INFO

PDCAとは

Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字をとったもので、業務の効率化を目指す方法です。

3. まとめ

PMO(Project Management Office)とは、組織におけるプロジェクトマネジメントの支援を行う部門やシステムのことをさします。

今回は、PMOの3つの役割とPMとの違いを説明しました。

PMOは、PMを実施するうえで、理解しておくべき内容です。

ぜひ書籍から、PMOを深掘りしていきましょう。