AISASモデルとは?SNSの”共有”という消費者行動から今どきマーケティングを学ぶ!

aisas

1. 今どきマーケティングAISASフレームワークとは?

AISASは、消費者行動を理解するためのマーケティングフレームワークです。

AIDMAというマーケティングフレームワークから派生した今どきのフレームワーク。

AIDMAについては、こちらでご紹介しています。

aidmaAIDMAの仕組みとは?マーケティングに必須な消費者行動の理解はAIDMAでパッと解決!

1-1. AISASというフレームワークとは?

AISASは、こちらの5要素から頭文字をとって並べたもの。

  • Attention(認知)
  • Interest(興味)
  • Search(検索)
  • Action(行動)
  • Share(共有)

これら5要素は、現代のSNS文化、主に”共有する文化”に非常にマッチしたフレームワークとして人気が高まってきました。

AISASは、株式会社電通が提唱したフレームワークであり、ウェブを日常的に利用する消費者の購買に関する心理プロセス(消費者行動)を理解しマーケティングに利用します。

1-2. SNSが盛り上がった2000年代

Facebook, Twitter, InstagramといったSNSは2000年代から2010年代にかけて大きな盛り上がりを見せています。

SNSが、ソーシャルネットワークサービスの略称として使われているのは、ご存知の通り。

そして、SNSで特筆すべきは、共有する文化がウェブ、インターネットに到来したこと。

Twitterでのリツイート、他のSNSでも使われるシェアは、ウェブやインターネットの文化に対して新しい風が取り込まれました。

そしてその結果、人々の消費者行動は大きく変化しました。

1-3. AISASは”共有”を取り込んだフレームワーク

今どきのマーケティングにおいて、“共有”という文化を取り込むことは欠かせません。

身近な人や、憧れの人が「いいね」といっているものは、どんな広告にも勝ります。

そんな”共有”を取り込んだAISASのフレームワークをより細かく理解していきましょう。

aisas

2. AISASのそれぞれを理解する

AISASは、さきほどもご紹介した通り、

  • Attention(認知)
  • Interest(興味)
  • Search(検索)
  • Action(行動)
  • Share(共有)

これら5要素の頭文字をとっています。

2-1. Attention(認知)

AISASのAであるAttention(認知)は、AIDMAと同じく、消費者行動において「認知段階」にあります。

消費者が自ら気づいていないニーズをこのAttention(認知)の段階で気づかせてあげることが重要です。

消費者行動を行ううえで、知ることは欠かせません。

2-2. Interest(興味)

AISASのIであるInterest(興味)も、AIDMAと同じく、消費者行動において「感情段階」とよばれる段階にいます。

消費者は、認知したニーズに対して、Interest(興味)を持ちます。

AIDMAでは、この次のステップをDesire(欲求)としていますが、AISASでは違います。

2-3. Search(検索)

AISASのはじめのSはSearch(検索)です。消費者行動では、「行動段階」に分類されます。

消費者は、気になったものをウェブだけでなく、SNSでもSearch(検索)を開始します。

個人のリアルな声を聞くことができる時代、消費者行動も大きく変化しています。

2-4. Action(行動)

AISASのAであるAction(行動)は、AIDMAと同じく消費者行動において「行動段階」にあります。

消費者は、自らが購買する製品やサービスを決定していきます。

AIDMAでは、このAction(行動)が最終段階と定義されていましたが、AISASでは、さらに一歩先を定義しています。

2-5. Share(共有)

AISASの最後のSは、Share(共有)です。消費者行動において「行動段階」にあります。

SNS時代において、このShare(共有)は切っても切り離せないものです。

消費者は、Search(検索)で他の消費者から情報を仕入れるだけでなく、自らもShare(共有)し、情報を拡散します。

2-6. AISASからみる消費者行動

AISASでは、AIDMAとは違い、Desire(欲求), Memory(記憶)といったステップを省いています。

これは、衝動買いという消費者行動が近いのではないでしょうか。

そして、AISASでは、単に直列で概念が結びついているわけではなく、次のような流れを作り出しています。

aisas-flow

3. AISASからみるSNSマーケティング

今どきマーケティングでは、SNS時代にマッチしたAISASが大きな力を持っています。

そして、今どきマーケティングにはSNSマーケティングという手法があります。

3-1. 企業アカウントは必須?

今どきマーケティングでは、企業もSNSアカウントを保持し、運用を行なっています。

SNSの台頭は、企業と消費者の距離を圧倒的に近くしました。

消費者と密接に関わることができるSNSでは、コミュニケーションをとることもでき、消費者のリアルな声を聞けます。

3-2. SNSにマッチした投稿でファンを獲得

SNSにはそれぞれ違った特徴があります。

Twitterでは堅苦しさがなく、Instagramではインスタ映えといったおしゃれさが求められます。

それぞれのSNSにあったマーケティングを実施することで、消費者は企業のファンとなり、より共有のハードルが低くなります。

3-3. eplothのアカウントもフォローする?

もちろんeplothにもアカウントが存在しています。

eplothでは、”えぷじぃ”というオリジナルキャラを生み出し、アカウントを作成しています。

まだまだ未熟なおじいちゃんですが、頑張ってSNS運用しているので、よかったらフォローお待ちしています。

フォローはこちらから↓

4. まとめ

ここまで、AISASのフレームワークについてご紹介をしてきました。

AISASのフレームワークは、今どきマーケティングに必須のフレームワークです。

AISASを提唱した本「情報大爆発」を含めて、良本がいくつかあるので、ぜひご一読ください。